会長指針
平成29年度 九州学生ソフトテニス連盟が目指したい方向です。
九州学生ソフトテニス連盟 会長 林 研一
九州学生ソフトテニス連盟とは
全員が主役です〜出場される選手、運営される仲間、応援される仲間。
そしてそれぞれの大会で一つ上を目指して挑戦する仲間たちです。

大会運営について
省力化、システム化を(各県学連との協力を)。

PR(宣伝)活動の強化
外部へのPR活動の強化〜メディアへの情報発信(試合予定、試合結果)。
自治体への案内等。プログラム広告、冠・協賛依頼。

未登録大学の確保
未登録大学への会員登録の勧誘。

ソフトテニス学生アスリートとしての自覚を。
フェアプレィ(マナー、ルールの徹底)〜するスポーツ、見るスポーツ、見られるスポーツ、見せるスポーツを意識して、挨拶・握手・ありがとう、服装を徹底する努力を。ゴミ収集等エコ活動の徹底を。喫煙場所の徹底を。未成年者の禁酒・禁煙の徹底を。

最高を目指しましょう。
最強を目指していただきたいとおもいますが、その前に最高を目指してください。
学生(大学、高校、中学、ジュニア)のリーダーとして、何をしたらいいのか、何が
できるのかを考えて実行してください。皆がいつも背中をみています。




ホームへ戻る